2Dから3Dデータへの変換流れ

2Dからの3D作図は単純と言っても、製品の品質について顧客に責任を負う場合、軽率な行動を取ることはできません。以下は、弊社の2Dデータからの3D作図流れです。この流れは、作業のプロセスに組み込まれています。プロセスを仕事の要件に近づけるために、私たちはまだ継続的に改善を続けています。

2D図面を3D化する時の留意点

2D図面から3Dに変換する作業は几帳面な人ではないとできません。 3Dソフトウェアに精通し、3D作図に関する確かな知識を持っていても、間違うことがあります。下記は私の3D化作業の個人的な経験です。良かったら、ご参照ください。

SolidworksPDMの紹介

PLM(Product Life cycle Management)とは、自社製品の企画から生産、販売、廃棄まで、製品のライフサイクル全体を通して相互に関連付けながら管理し、情報共有によって業務効率の向上やモノづくり体制の強化を目指す取り組みを指します。

PDMとPLM

PDM(Product Data Management)とは、CADやBOM(部品表)など設計工程で発生する製品設計データを一元管理するシステムのことです。これにより設計部門とほかの部署間での情報共有や連携を可能にし、

設計監理の重要性

設計管理は「設計者管理」ではなく、次のとおりだと考えています
・設計作業が生産作業と緊密につながるように計画すること
・高品質・低コストで、変更の自由度の高い設計をするころ
・設計力を強化し手戻りをなくすこと
・設計時間を短縮すること。

SOLIDWORKS単位の設定

ソフトウェアをインストールした後、最初の起動時に、画面に単位と標準設定テーブルが表示されます。ただし、このテーブルはソフトウェアを初めて起動したときにのみ表示され、セットアップできる単位は1つだけです。

ジグ設計の注意事項

治具や取付具は、ツール、ツールホルダ などに比較して専門メーカが無く、あっても全部が受注生産や社内製作のために、ドリルブッシュや位置決めピンなどがJISで決められているだけです。つまり、製造用具と言っても、冶具は基準の物ではありません。基準を発行するのはユーザです。